RACE INFO 2012(GT500)

2012 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND2 富士スピードウェイ   Result : 6位

2012年5月4日(金)    天候 : 小雨のち曇    コースコンディション : セミウェット&ドライ

Round 2 富士スピードウェイ決勝結果

2012年5月4日(金)・決勝 会場:富士スピードウェイ(4563km)

周回数:110周 天候:曇りときどき雨

気温:19℃(14:00現在) 路面温度:22℃(14:00現在)

コースコンディション:セミウェット&ドライ

観客:5万7000人(主催者発表)

 

GW後半の初日となった5月3・4日に、富士スピードウェイでAUTOBACS SUPER GT 第2戦『FUJI GT 500Km RACE』が開催された。

 

公式予選が行われた3日(木)は朝から肌寒く、強い雨が降り続いた。朝の公式練習時にはコース上の水量も多く、スピンするマシンが多発し4度赤旗中断となった。そんな中KEIHIN HSV-010は1’46”621のタイムで9番手タイムをマークした。

 

今回の公式予選はスーパーラップ方式で行われ、Q1の走行タイム上位10位がスーパーラップ進出となり、タイムが速かった順にグリッドが決定される。

午後1時15分に開始されたQ1は塚越広大が担当。午前の公式練習ほどではないが、雨が止むことはなくコース上には雨が残る状態でのアタックとなった。

15分間で行われたこのセッションだが、なかなかタイムを伸ばすことができず1’45”413のタイムで惜しくも11番手タイムとなり、スーパーラップ進出とはならなかった。

 

4日(金)決勝日も不安定な天候で、雨が降ったり止んだりする難しいコンディションのなか朝のフリー走行が行われ、KEIHIN HSV-010は1’44”110のタイムをマークし、4番手で走行を終えた。

 

午後になっても雨が降ったかと思えば時折晴れ間が見えるといった、相変わらず変わりやすい天候だ。今戦はゴールデンウィーク中の一戦ということもあり、サーキットには5万7000人もの大観衆がつめかけた。

今回のレースは500Km、110周という長丁場のレースとなりドライバー交代を伴う最低2回のピットインが義務付けられている

 

スタート15分前より小雨が降り始め、5分前にはコースが濡れるほどになった。スタートドライバーは金石年弘。午後2時、セーフティカーに先導されるかたちでスタートがきられた。

スタート直後に雨が強くなり、セーフティカーラン2周目にKEIHIN HSV-010 はピットインし、レインタイヤに履き替える。3周目が終了したところでセーフティカーがピットに戻り、本格的なレースがスタートした。

開始早々から荒れる展開となりスピンを喫しコースアウトするマシンもある中、KEIHIN HSV-010は10周までにポジションを一つ上げ10位となる。

このあたりから、雨がやみスリックタイヤに変えるマシンも増えてくるなか、KEIHIN HSV-010も16周目にピットイン、タイヤをスリックタイヤに交換する。9位でコースに戻り、数周にわたり#100を追う展開となる。

他車のピットインなどがあり、全車がスリックタイヤに交換した28周目にはKEIHIN HSV-010は  5番手につけた。

その後もチャンスを狙うも、なかなかオーバーテイクには至らず、37周目にピットインを行い、ドライバー交代、タイヤ交換、給油を済ませる。天候も少し安定しドライコンディションの中、塚越広大がステアリングを握る。

ピットインが一段落した44周目の時点で、KEIHIN HSV-010は9番手となった。

 

50周目、51周目には#6、#38のペナルティによってポジションを上げ6位となる。その後、62周目に発生したGT300クラスのクラッシュにより、再びセーフティカー先導走行となる。68周目にレースが再開されると、塚越がここから猛追を仕掛け#23、#36との接戦が繰り広げられる。

71周目に#36をパスし暫定3位になる。75周目にはベストタイムの1’35”845をたたきだし、勢いは止まらない。次は#23を追う。息をのむ展開の末、76周目に最終コーナーでかわし暫定2位となる。続いて数周にわたり暫定1位の39号車を追い、コーナーで差を詰めるもホームストレートで離される展開が続く。ピットイン直前、ダンロップコーナーでインをつくも抜くには至らず82周目にピットイン。2回目のドライバー交代、タイヤ交換・給油を済ませる。

 

金石にステアリングが託され、他車がピットインを終えた84周目に6位を走行し#36を追う。安定した良いタイムで走行を重ね#36に接近したが、残り20周となったところで再び雨が降り出し、コース上はウェットコンディションに。100周目を過ぎたあたりからスリックタイヤでの走行も厳しくなり、徐々にタイムを落とす。

コンディションがどんどん変わりレインタイヤに交換するマシンもあるなか、金石はそのまま走りきり、6位でチェッカーを受けた。

 

 

 

天候やタイミングなどに翻弄されるレースとなりましたが、ポイントを獲得し、ポイントランキング5位となりました。

次戦はKEIHIN HSV-010と相性の良いセパン戦となります。

昨年も表彰台を獲得しておりますので、今年はさらに良い結果を残せるよう戦って参ります。

今戦もたくさんのご声援ありがとうございました。

 

次戦:6月10日(日) マレーシア セパンサーキット

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ