RACE INFO 2012(GT500)

2012 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND6 富士スピードウェイ   Result : 5位

2012年9月9日(日)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 6 富士スピードウェイ決勝結果

2012年9月9日(日)・決勝

会場:富士スピードウェイ(4.563km)

周回数:66周

天候:晴れ
気温:29℃(14:30時点)  路面温度:44℃(14:30時点)

コースコンディション:ドライ

観客:3万3800人(主催者発表)

 

 

前戦 鈴鹿にて近年見た事が無いほどの大クラッシュに見舞われたKEIHIN HSV-010。幸い、モノコック等の主要構成部品には問題が無いことがレース翌日には確認できた。しかしそれ以外のダメージの範囲は広く、外装の全てと4輪の足回りほぼ全てをNewパーツと交換する修理になったが、チームの必死な作業によってマシンは無事修復し、また、塚越には大きな怪我等が無かった事から、今大会を迎えることができた。

9月8日(土)に行われた公式予選は、前戦同様、セッションを3回に分けて上位に絞り込んでいくノックアウト方式で行われた。

14時15分から行われたQ1は塚越が担当した。1’33.658で5番手タイムとなり、見事Q2へ進出。間もなく行われたQ2では金石が担当し、1’34.172のタイムを出すも僅か及ばず8番手タイムで惜しくもQ3進出とはならず、決勝レースは8番グリッドからのスタートとなった。

 

事前に天気予報と相反し、決勝日も晴天に恵まれ強い日差しが降り注いでいた。

スタートドライバーは金石が担当しオープニングラップから攻めていくも、ダンロップコーナーで他車と競り合った際 行き場を失い縁石に乗り上げ、ここでハーフスピンをしてしまい14番手へと後退しまう。しかし金石は落ち着いて気を取り直し、巻き返しをはかる。

2周目には#18をパス、6週目に他車のペナルティがありポジションをあげた。序盤は5位争いの大きな集団の後方で思うようにペースは上がらない中、12周目に#8をパスし、12周目までに11位までポジションを戻すことに成功する。

最低義務周回を過ぎた22周目頃から他車がピットインをし始め、KEIHIN HSV-010も25周目にピットインし給油、タイヤ交換を済ませ、塚越にドライバー交代しコースに復帰する。

塚越は走りはじめからプッシュし、30周目には1’36.111のベストタイムを更新しながら安定したタイムで走行を重ねていく。他車のピットインもあり、周を重ねる毎にポジションを上げ35周目には6位を快走する。

36周目に前を走っていた#23にペナルティが科せられ5位となり、その後もタイムを落とすことなく粘りの走りをみせ、そのまま5位でチェッカーフラッグを受けた。

これで6ポイント加算され合計30ポイントでドライバーランキング10位になった。

次のオートポリスではウエイトが半減します。次こそは表彰台の真ん中を目指し頑張ります!

 

金石勝智監督

「予選はQ2で敗退となってしまい8位でしたが、車の調子は上向きだったので日曜日の決勝レースに向けては希望の持てる展開かなと思っていました。

決勝は、序盤の順位争いをしている時に行き場がなくなってしまい、スピンし遅れてしまったので、そこからの挽回も必要となり5位という結果でした。悔しいレースが続きますが、次のオートポリス戦、もてぎ戦と連勝できるよう頑張りますので、皆様これからも応援宜しくお願いします。」

 

金石年弘

「予選から車の調子は良くホンダ勢では常にトップを走っていましたが、決勝レースの オープニングラップで他車と争っている際、行き場が無くなりハーフスピンしてしまった事が悔やまれます。次戦以降そのようなミスを出さないようにし、オートポリスこそ表彰台に登れるように頑張ります。」

 

塚越広大

「前回鈴鹿で大クラッシュした後のレースということで少し不安もありましたが、チームみんなで車も無事に修復してくれ、自信をもってレースすることができました。5位という結果は満足できる結果ではありませんが、現状のベストは尽くせたと思います。残り2戦しっかり戦えるように頑張りますので、応援宜しくお願いします。」

 

大神エンジニア

「車の細かい部分を合わせきることができず、予選はQ2敗退の8位となってしまいましたが、ロング走行での速さはすごく期待できる状況だったので、決勝レースにむけセット変更を施し臨みました。決勝レースでは、出だしに他車との競り合いの中で縁石に乗ってしまいスピンし、最後尾まで順位を落としてしまう場面もありましたが、その後の年弘選手の追い上げと広大選手の安定した速さのおかげで、結果5位まで挽回することができました。

速さの部分で上位のマシンに若干追いついていない部分があるので、車のセッティングを見直して、次のオートポリス、最終戦のもてぎと、車を進化させていい結果を残せるように頑張っていきたいと思っています。」

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ