RACE INFO 2011(FN)

formula NIPPON

ROUND2 ツインリンクもてぎ   Result : 13位

2012年5月13日(日)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 2 ツインリンクもてぎ決勝結果

2012年5月13日(日)・決勝

会場:ツインリンクもてぎ(4,801km)

天候:晴れ

気温:24℃(14:30時点)  路面温度:40℃(14:30時点)

決勝レース:52周

観客:9000人(主催者発表)

 

5月12日(土)に行われた公式予選。

今回の公式予選はスペシャルステージ方式で行われた。この方式は、全車が出走する1回目の予選結果の下位のドライバーより一人ずつ1周のアタックを行い、このタイムに応じてスターティンググリッドが決まる。

 

公式予選1回目は午前11時10分より20分間行われ、金石が果敢なアタックをするも1’35.327で15番手タイムとなった。

スペシャルステージは3番目のアタックとなり、1’38.188のタイムで、決勝は17番グリッドからのスタートとなった。

 

 

13日(日)も朝から好天に恵まれ、雲一つない空が広がっていた。

午前9時15分より開始されたフリー走行では1’36.925で14番手タイムとなり、決勝に向けドライバー、スタッフ共に士気を高めた。

 

午後2時30分にフォーメーションラップがスタートし、1周の隊列走行の後、52周のスタートが切られた。最後尾スタートとなった金石だが、スタートをうまく決めオープニングラップで62号車、18号車をパスし15位となる。さらに4周目には、他車のアクシデントによりポジションを上げ13位となる。

更に金石は8周目にヘアピンで38号車をオーバーテイクし、スタートから5ポジションアップとなる 12位でさらに上位を狙う。

その後 数周に渡り11位の3号車を追いかける展開となり、つかず離れず、粘りの走行を15周目まで重ねる。しかし、16周目の1コーナーでコースアウトを喫してしまう。マシンに損傷はなくすぐにコースに復帰するも、ポジションを落とし15位となる。これにより作戦を変更し、予定より早めとなる17周目にピットインし、タイヤ交換、給油を済ませコースに戻る。

その後、ベストタイムを更新しつつ安定したタイムで走行を重ね、31周目にはポジションを2つ上げ13位となる。49周目には1’37.230の自己ベストタイムを更新するも、そのまま13位で52周のレースを走りきった。

 

次戦は5月27日(日)オートポリスでの開催となります。

 

■決勝終了後の金石監督 音声コメントはこちら

金石監督 音声コメント

 

■決勝終了後の金石年弘 音声コメントはこちら

金石年弘 音声コメント

 

■決勝終了後の大神エンジニア 音声コメントはこちら

大神エンジニア 音声コメント

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ