RACE INFO 2011(FN)

formula NIPPON

ROUND4 富士スピードウェイ   Result : 金石:DNF   中山:15位

2012年7月15日(日)    天候 : 曇り時々雨    コースコンディション : :ドライのちセミウエット

Round 4 富士スピードウェイ決勝結果

2012年7月15日(日)・決勝

会場:富士スピードウェイ(4.563km)

決勝レース:55周(250.965km)
天候:曇りときどき雨

気温:25℃(14:00時点)  路面温度:30℃(14:00時点)
コースコンディション:ドライのちセミウエット

観客:1万7700人(主催者発表)

 

前戦オートポリス大会から約1ケ月半ぶりとなる7月15日(日)、静岡県・富士スピードウェイにて

2012年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦の決勝レースが行われた。

まだ梅雨明けしていないこの時期とあり、天候が目まぐるしく変わる非常に難しいコンディションの中での予選・決勝となった。

 

今大会ならびに次戦のもてぎ戦にて中山友貴がスポット参戦することとなり、高い注目を集めた。

中山にとっては今大会がフォーミュラ・ニッポンデビュー戦となり、高まる期待の中週末を迎えた。

 

14日(土)14時10分より公式予選が開始された。

今回の予選方式はノックアウト方式で行われ、最初のセッション(Q1)で上位13番手までに入ったドライバーが2回目の

セッション(Q2)に進出し、14番手から17番手までのグリッドはQ1の結果にしたがって決定する。

 

開始直前より小雨が降り始めウェット宣言が出たが、金石・中山共にスリックタイヤでコースインした。金石 1’27.074、

中山 1’27.981のタイムで惜しくもQ1敗退となり、翌日の決勝は金石 15番グリッド、中山16番グリッドからのスタートとなった。

 

決勝日の15日(日)も朝から雨が降ったり止んだり、晴れ間が見えるものの雨が降っていたりという非常に悩ましい

天候となった。

 

14時にフォーメーションラップが開始され、レースがスタートした。

オープニングラップで金石はポジションを2つ上げ13位、中山はポジションが変わることなく16位となった。5周目に金石は1’30.170のベストタイムを出し14位、中山は17位で走行を重ねていく。しかしこの間に雨がさらに降り始め、徐々にコースが濡れていき、スリックタイヤでの走行が難しいコンディションとなってきた。

しかし両ドライバーは落ち着いて走行を重ね、中山は10周目に1’30.825のベストタイムをだし、 13周目には18号車をパスしポジションを一つ上げ16位となる。

レース折り返しの25周目頃から一気に雨脚が強まり、コース上の場所によっては水しぶきがあがる箇所もあり、ピットインし

レインタイヤに交換するマシンもでてくる。

しかし両ドライバーは難しい状況の中でも安定した走りで走行を重ね、27周目までに金石12位、中山13位までポジションを

上げる。

 

金石は28周目にピットインし給油、タイヤをレインタイヤに変え、15位でコースに復帰する。しかし、復帰後マシントラブルが起こり、30周目に再びピットインし修復作業を行うこととなった。作業が終わり再びタイヤをスリックタイヤに交換しコースに復帰し最後まで攻めていったが、規定周回数を満たすことができず残念ながら完走とはならなかった。

 

一方、中山は厳しいコンディションを攻略しながらピットインを引っ張り、一時は12位までポジションを上げる。38周目にピットインし、タイヤ交換はせず給油のみを済ませ15位でコースに復帰する。

その後もデビュー戦とは思えない落ち着いた走りをみせるも、オーバーテイクには至らず15位で55周のレースを終えた。

 

次戦は8月4,5日 ツインリンクもてぎでの開催となる。

 

【#10  金石年弘 】

決勝結果:DNF

 

【#11  中山友貴 】

決勝結果:15位

 

金石勝智 監督

「土曜日のフリー走行では調子がよかったのですが、予選にむけてのセッティングの方向性が違ってしまい、結果は金石15位、中山16位となってしまいました。日曜日のフリー走行では車のセットも決まってきていて、決勝もモチベーション高く挑みました。

10号車の金石は序盤ペースが良く、うまく走っていたのですが、途中で電装系のトラブルが発生し、ピット作業が長引いてしまい、結果、最下位となってしまいました。また、11号車の中山は初めてのフォーミュラ・ニッポンのレースで、雨が降ったり止んだりする難しいコンディションとなりましたが、いろいろと試行錯誤しながら頑張ってくれ、結果15位でした。

次回のもてぎも2台体制となりますが、今回の結果が次戦に繋がるレースと思います。次戦も応援宜しくお願いします。」

 

大神エンジニア

「今回は中山選手がスポット参戦となり、2台体制で臨むこととなりました。

土曜日のフリー走行は満足する結果で比較的良いペースで走ることができましたが、予選にむけて車のセッティングを失敗した部分があり結果を出せませんでした。その原因を探り、日曜日にむけ車を修正することができました。結果としては、金石選手は車のトラブルがあり、中山選手はスタート直後のポジション取りに苦戦してしまいましたが、次戦にむけ非常に実のあるレースをすることができました。次戦も2台体制となりますので、2台体制のメリットを生かし良い結果を残したいと思います。」

 

大駅エンジニア

「今回は2台体制ということで、11号車については今までの10号車のベースで車を持ち込みました。ドライバーも初めてのレースだったので、まずは車に慣れてもらうことを重点的に考えていました。しかし、この週末のコンディションはレギュラードライバーでも以上に難しい状況となり、セットアップもなかなか進まず、車としては満足のいかない状態でのアタックで、予選はQ1敗退となってしまいました。日曜日にむけていろいろトライして、車は少し進歩できたのではないかなと思っています。今回ドライバーが初めて重い重量で走り、戸惑ったこともあると思うのですが、いろいろな事に慣れ、車のポイントを掴んでくれたと思うので、次戦のもてぎにむけ車もさらに良い状態で準備し、今回以上の結果を残したいと思います。」

 

金石年弘

「土曜日の走りはじめは車のポテンシャルも高く、流れがよかったのですが、そこからセットアップしていく度にバランスが悪くなってしまい、予選はQ1敗退となってしまいました。日曜日のフリー走行は車のバランスが元に戻り、決勝もスタートで数台抜くことができたのですが、決勝はトラブルで最下位になってしまいました。 次戦のもてぎにむけてセッティングなども良い方向が見つかったので、次こそはポイントをとれるよう頑張ります。」

 

中山友貴

「今回このような形でチャンスを頂け、ホンダ様、リアルレーシング、スポンサー各社の皆様に本当に感謝しています。この2回のチャンスを生かしたいと思い、準備を進めてきました。

練習走行での走りはじめはとてもフィーリングが良かったのですが、予選でコンディションが変わったときにパフォーマンスをうまく発揮することができず、ちょっと苦戦した予選になってしまいました。日曜日のフリー走行では、前日の予選結果を踏まえ、さらに車を改善するためにいろいろなトライをして変更をしました。決勝レースは天候が不安定で難しいレース展開となり、スタートで失敗し序盤ペースが上がらなかったのですが、途中雨が降ってきてうまく順位を上げることができ、単独のペースではそこまで悪くなかったのかな、という印象です。フォーミュラ・ニッポン初めてのレースでしたが、完走する事ができ今後に繋がるレースができたと思います。

次戦にむけてしっかり準備をしたいと思います。」

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ