RACE INFO 2011(GT500)

2011 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND5 鈴鹿サーキット   Result : 12位

2011年8月21日(日)    天候 : 雨    コースコンディション : ウェット

Round 5 鈴鹿サーキット決勝結果

2011 AUTOBACS SUPER GT Round 5

第40回インターナショナル ポッカGT サマースペシャル

 

2011年8月21日(日)・決勝

会場:鈴鹿サーキット(5.807km)

天候:雨  気温:26℃(15:00現在)
路面温度:27℃(15:00現在)

コースコンディション:ウエット

観客:2万7000人

 

8月20日土曜日、変わりやすい天候の中、公式予選が行われた。今回の予選方式は、セッションを3回に分けて上位に絞り込んでいくノックアウト方式で行われた。

曇り空の中、Q1の走行は12時55分にGT300クラスとの混走でスタート。KEIHIN HSV-010はウェイトハンデ60Kgと、他車と比べて重く、厳しい状況だが、Q1は10分間行われるGT500クラスのみの走行時に塚越が1’54.286をマークし3番手タイムとなり、Q2への進出を決める。

 

Q2は15時35分に開始され、金石がハンドルを握った。Q2開始前より雨が降り始め、路面コンディションがウェット状態の中、3番手タイムとなる2’08.163をマークしQ3進出を決める。

16時12分に始まったQ3はさらに雨量が増え大変厳しい路面状況の中、塚越がアタックを担当する。スピンするマシンが多く、スタッフがモニターで見つめる中、塚越は落ち着いた走りでアタックを続け2’08.573のタイムで2番手タイムを記録し、決勝はフロントローからのスタートとなった。

 

決勝日は朝から土砂降りの雨が降ったり、止んだり、小雨がパラついたりと不安定な天候となった。15時10分に小降りの雨の中、決勝レースがスタートした。

スタートドライバーは金石。オープニングラップでは1コーナーで上手く1号車を抑え順位は変わらず2位で走行するも、オーバーステア傾向の悪化により徐々に順位を落としてしまい10周には8位走行となる。その後100号車と32号車からの追い上げを上手く防ぎながら走行するが17周目に9位に順位を落とし、19周目にピットインする。路面の状況が乾いてきていた為、浅溝のタイヤへの交換と給油を行い、塚越へドライバーチェンジする。ピットアウトした時の順位は12位となり、前を走る38号車を追いかける展開となった。

しかし、11番手争いをしていた26周目に38号車との接触があり、マシンのフロント部分にダメージを負ってしまう。さらにその後の走行中、先ほどの接触の際にタイヤが破損した影響でスプーンコーナー入口でコースオフしてしまい、右フロント部分を破損してしまった。

31周目にピットインし、メカニックが破損箇所の修復を素早く行いコースへ戻ったが、先程の38号車とのマシンの接触がイエローフラッグ区間の出来事だった為、20秒のペナルティピットストップを科せられてしまう。32周目にペナルティを消化する為、再度ピットインする事となり、再びコースへ戻った時の順位は15位となる。

 

塚越は諦める事なく一つでもポジションを上げようと果敢に攻め、39周目に38号車をパスし14位にポジションアップする。その後100号車のクラッシュがあり、セーフティーカー導入のもと隊列を整えて、KEIHIN HSV-010は13位のポジションで43周から46周目まで周回を重ねる。

セーフティーカーがピットへ戻り再スタートが切られると、周回遅れではあるものの、先ほどのアクシデントによりダメージを負ったマシンながら、塚越は集中した走りで上位グループと同等のタイムを出し、力走をみせる。57周目には19号車を抜き、12位となる。

そして67周目にピットインし、金石にステアリングを託す。給油作業と、起死回生を狙いタイヤをスリックタイヤに交換し、13位でコースへ戻る。76周目に32号車のコースオフがあり、KEIHIN HSV-010は順位を12位へ戻す。金石は猛攻し続け、ベテランらしい走りで77周目には2’03.785のベストタイムを出した。その後、KEIHIN HSV-010は83周を周回した所でレースの終了時刻である18時30分を迎え、12位でチェッカーを受けた。

――――――――――――――――――――――――――――

シリーズ後半戦の皮切りとなった本大会。今回はポイントを獲得することができず悔しさが残っておりますが、この悔しさをバネに、ドライバー・スタッフ一同、更に一致団結し精進して参ります。

今回も悪天候の中サーキットまで応援に駆けつけて下さった皆様、また、いつもKEIHIN REAL RACINGを応援して下さる皆様、本当にありがとうございます!

次戦は表彰台で笑顔をお見せできるよう頑張って参りますので、変わらぬご声援を頂けますようお願いします!!

ポイントスタンディング:第5位 (30ポイント)

 

 

 

■決勝終了後の中村亮一チーム代表 音声コメントはこちら

中村亮一チーム代表 音声コメント

 

■決勝終了後の金石監督 音声コメントはこちら

金石勝智監督 音声コメント

 

■決勝終了後の金石年弘 音声コメントはこちら

金石年弘 音声コメント

 

■決勝終了後の塚越広大 音声コメントはこちら

塚越広大 音声コメント

 

■決勝終了後の大神エンジニア 音声コメントはこちら

大神エンジニア 音声コメント


Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ