RACE INFO 2011(GT500)

2011 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND- Special 富士スピードウェイ   Result : Race1:11位   Race2:3位

2011年11月13日(日)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Special Round 富士スピードウェイ決勝結果

【Race1】

2011年11月12日(土)

天候:晴れのち曇り

気温:16℃(15:00現在)  路面温度:18℃(15:00現在)

コースコンディション:ドライ

観客:2万3000人

 

ドライバー:塚越広大

決勝結果:11位

 

【Race2】

2011年11月13日(日)

天候:晴れ

気温:20℃(15:00現在)  路面温度:23℃(15:00現在)

コースコンディション:ドライ

観客:4万500人

 

ドライバー:金石年弘

決勝結果:3位

富士スプリントカップは、国内最高峰レースのSUPER GTとFormula NIPPONが同日開催するイベントとなっており、特別戦として開催された。

SUPER GTは、公式予選と決勝レースが2回行われ、ドライバー1人ずつで戦う。決勝レースは通常のローリングスタートではなくスタンディングスタートで行われ、ドライバー交代なしの22周スプリントレースとなる。

 

11日(金)、この日は朝から天気が悪く肌寒い1日となった。第1レースの予選、このセッションでは塚越がステアリングを握り、雨が降るコンディションで予選が始まった。KEIHIN HSV-010はセット変更に時間を要してしまい予選開始時刻には出走したものの、隊列の中でのアタックとなってしまった。塚越は雨の弱まった時アタックを開始したが、前の車に引っかかってしまい思うようにアタックできず、その後アタックのタイミングを伺っていたものの雨脚が強くなりアタックが困難になり、そのまま第1レース予選を終えることとなった。結果タイムは1分50秒371、ポジション14位で第1レース予選が終了した。この後、金石が担当する第2レース予選が行われる予定だったが、雨の勢いが増してきたことにより危険と判断されたため、急遽予定が変更され次の日に延期となった。

 

12日(土)、この日は昨日とは違い晴天の1日となった。当初、金曜日に予定されていた第2レースの予選が朝から行われた。天気は晴れていたものの、コースコンディションがハーフウェット状態の難しいコンディションの中、第2レースの予選が始まった。路面コンディションとタイヤが合わず、金石も思うようなタイムを残すことができなかった。結果タイムは1分44秒993、ポジション14位で第2レース決勝に挑むことになった。

 

 

この日の午後からは塚越がステアリングを握る第1レースが行われた。塚越は無難にスタートを切り、他車がアクシデントを起こす状況でポジションを上げ、10番手でオープニングラップを終えその後も懸命にプッシュする。4周目には9番手へ、さらに6周目には6番手へとポジションを上げていった。しかし、その後思うようにタイムが伸びずバイブレーションも起こり始め、ポジションが下がってきたため、やむを得ずタイヤ交換のためピットインすることになった。コースに戻った後のペースは回復し、1分34秒696のタイムをマークして第1決勝レースのファステストを記録し奮闘するも、第1レースは11位でチェッカーフラッグを受けた。

 

13日(日)、この日も昨日同様、晴天の1日となりレース日和となった。第2レースでは金石がステアリングを握り、14番グリッドスタートから追い上げる展開となった。第2レースも第1レースと同じく荒れるスタートとなったが、金石は見事に回避し9番手でオープニングラップを終える。金石はその後も順調にタイムを伸ばし続け10周目までに6番手に浮上し、18周目にはもう1台攻略し5番手へ。最後まで諦めることなく好タイムを出し続け前の車を追っている中、いよいよファイナルラップへ突入する。前の車を追っていると、金石の目の前で3番手争いをしていた2台が接触しスピンを喫す。金石は冷静にその2台の間をすり抜け、見事3位でチェッカーフラッグを受けた。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――

この特別戦をもって、今年1年の全レースを無事に終えることができました。1年間、温かいご声援をたくさん頂き、誠にありがとうございました。

これからは来シーズンに向けて準備を進めていく次第であります。更なる高みを目指し精進して参りますので、今後ともご声援の程宜しくお願い致します。

 

■<Race1>決勝終了後の金石監督 音声コメントはこちら

金石監督 音声コメント

 

■<Race1>決勝終了後の塚越広大 音声コメントはこちら

塚越広大 音声コメント

 

■<Race1>決勝終了後の大神エンジニア 音声コメントはこちら

大神エンジニア 音声コメント

 

■<Race2>決勝終了後の金石監督 音声コメントはこちら

金石監督 音声コメント

 

■<Race2>決勝終了後の金石年弘 コメント

予選結果が悪く、土曜日に広大のレースもペースが良くなくて日曜日のレースに向けて新たなセッティングを試してレースに挑みました。
レース中ペースも良くてタイヤも素晴らしくて結果3位になることが出来ました。
今年1年間応援ありがとうございました。

 

■<Race2>決勝終了後の大神エンジニア 音声コメントはこちら

大神エンジニア 音声コメント

 

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ