RACE INFO 2012(GT500)

2013 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND4 スポーツランドSUGO   Result : リタイヤ

2013年7月28日(日)    天候 : 曇り/雨    コースコンディション : ドライ/ウェット

Round 4 スポーツランドSUGO決勝結果

2013年7月28日(日)・決勝

会場:スポーツランドSUGO(3.704km)

天候:曇りときどき雨

気温:26℃(14:00時点)   路面温度:40℃(14:00時点)

コースコンディション:ドライのちウエット

観客:2万6500人 周回数:81周

 

第3戦セパンから約1ケ月半のインターバルをおいて、宮城県スポーツランドSUGOで第4戦が行われた。まだ梅雨明け宣言されていない菅生は金曜日から雨が降り、週末も悪天が予想された。

 

霧雨の中、土曜日8時45分より公式練習が開始され、KEIHIN HSV-010は走りだしから好タイムを出していく。走行が進むにつれ濃い霧がでてきて、セッションは一時中断となる。

セッション再開となり、KEIHIN HSV-010は塚越が1’16.535のタイムをだし、トップタイムで公式練習を終えた。

 

午後2時15分より開始された公式予選は、今回もノックアウト方式で行われた。Q1は金石が担当した。コースはドライコンディションとなっていたが、相変わらず霧に包まれており、視界が悪い中でのアタックとなった。そんな中、金石は落ち着いたアタックで1’15.321をマークし4番手タイムとなり、今季初となるQ2進出を果たした。

 

Q2は15時から12分間で行われ、塚越が担当した。塚越は1’15.041で4番手タイムをマークする。最後にもう1アタックしようとしていたところで急に雨が降りだし路面コンディションが変化してしまった為、アタックはせずピットに戻った。結果、予選結果は4位となり、翌日のグリッドが確定した。

 

日曜日は雲が多いながらも雨が降る事はなく、雲の切れ間からは太陽も顔を覗かせた。

9時から行われたフリー走行では塚越が01’17.347の3番手タイムをだし、決勝にむけて良い流れを掴んでセッションを終えた。

 

決勝レースはスタート前には日が照り、ドライコンディションでのスタートとなった。

スタートドライバーは金石が担当した。クリアなスタートをきり、4番手でオープニングラップを終えた。優勝だけを目指して前の車をオーバーテイクする事を狙っていたが、5周目に駆動系のトラブルが発生しKEIHIN HSV-010はピットインとなってしまう。修復作業を行いレース復帰に全力を投じたが、マシントラブルが解消されずリタイアとなった。

今大会はメインスポンサーのケーヒン様のお膝元という事もあり、たくさんの応援団の皆様からご声援を頂き、チームとしても何としてでも皆様の前で優勝する姿をお見せしたかったです。それが、リタイアという結果に終わってしまい本当に申し訳なく、悔しく思っています。次戦の鈴鹿大会は1000キロという長い闘いになります。結果を残すのみ。

応援宜しくお願い致します。

 

 

【金石勝智】

土曜日の練習走行は、最初少し雨が降っていたのですがその状況でも走りだしから調子が良く、天候が変わってきたタイミングでドライタイヤでの走行もできトップタイムでフリー走行を終える事ができました。そのままの調子で予選もそれなりに上手くいき4位という結果になりました。日曜日も朝から調子がよく、良い流れで決勝レースを戦えると思っていたのですが、レース序盤にマシントラブルが出てしまいリタイアとなりました。

ケーヒン様の御膝元という事もあり多くの方々が応援にきてくださっていたのですが、このような結果になってしまい、大変申し訳ない気持ちで一杯です。

ここ最近「次戦こそ頑張ります」としか言えておらず非常に心苦しいのですが、次の鈴鹿戦はここ数戦の分を取り返して優勝し、皆さんに結果でお返しできるよう頑張ります。引き続き応援して頂けますようお願い致します。

 

【塚越広大】

セパン大会後に合同テストがあり、そこでマシンのセットを煮詰めて菅生大会に臨みました。マシンの方向性が正しい方向にいき、公式練習から順調でした。

予選では、今季最上位の四番手グリッドを獲得することができ、決勝も自信がありました。

しかし、スタートしてすぐトラブルでリタイアと言う悔しい結果になってしまいました。

皆さんの前で走れなくて悔しいです。

次回の鈴鹿で、挽回できるように頑張ります。

 

【金石年弘】

SUGOレース前にテストをしてマシンの方向性も見つかりレースに挑みました。

公式練習からマシンフィーリングも非常に良くて予選ではフロアのボトミングの影響でタイムアップはできなく4位でしたが決勝は自信がありました。しかし決勝で駆動系のトラブルが出てしまいリタイアとなってしまい、非常に残念に思っています。

次戦の鈴鹿1000キロレースは優勝出来るように頑張りたいと思いますので応援宜しくお願いします。

 

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ