RACE INFO 2013(Super Formula-塚越)

SUPER formula

ROUND1 鈴鹿サーキット   Result : 9位

2013年4月14日(日)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 1 鈴鹿サーキット決勝結果

2013年4月14日(日)

会場:鈴鹿サーキット(5.807km)

天候:曇り

気温:18℃(14:30時点)   路面温度:27℃(14:30時点)

決勝レース:51周

コースコンディション:ドライ

観客:2万9000人(主催者発表)

 

昨年までのFormula NIPPONから名称が変わったSUPER FORMULAの開幕戦が4月13・14日に三重県鈴鹿サーキットで開催された。

今シーズンHP REAL RACINGは塚越広大・中山友貴の2台体制での参戦となり、強化体制で挑む。

 

公式予選が行われた13日(土)は清々しい天気ながらも気温は低く、4月にしては肌寒い気候となった。

予選方式はノックアウト予選が採用され、1時50分より20分間で行われるQ1で上位14台がQ2進出となる。今シーズンよりルーキー参戦となる中山はQ1開始早々にコースイン。果敢に攻めるも1’40.707で16番手タイムとなりQ2進出とはならなかった。

一方、3年ぶりに古巣に戻った塚越はQ1で1’39.478をだし、見事Q2へ進出した。Q2では上位8台がQ3進出となり、10分間のインターバルの後7分間で行われた。

塚越はQ3進出をかけ果敢なアタックをするも1’39.295で、12番手タイムで惜しくもQ2敗退となった。

翌日に行われる決勝レースは塚越12番グリッド、中山16番グリッドからのスタートとなる。

 

14日(日)は29,000人ものファンの方々が来場され、鈴鹿サーキットは開幕を待ちわびていたファンの皆様の熱気で満ち溢れていた。

午後2時30分より1周のフォーメーションラップの後スタートがきられ、塚越12位、中山17位でオープニングラップを終える。中山は4周目にスプーンコーナーでオーバーランした際に#3、#18,#62に抜かれ19位までポジションを落とす。8周目、#15、#18にスタート違反のペナルティが与えられ塚越11位、中山17位にポジションを上げる。

17週頃から他車がピットに入り給油とタイヤ交換を行いはじめる。

塚越は23周目にピットイン、給油とタイヤ交換を済ませ18位でコースに戻る。一方中山は30周目にピットインし、同じく給油とタイヤ交換を済ませコースに復帰する。

塚越は徐々にペースがあがり47週目に1コーナーで#39をパス。10番手に浮上する。終盤はトップと負けず劣らない好タイムで周回を重ね、ファイナルラップで#38をパスし9位でチェッカーフラッグを受けた。

中山も落ち着いた走りで周回を重ね、32週目で1’43.657のベストラップを更新するも、順位は変わらず18位で開幕戦を終えた。

 

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ