RACE INFO 2013(Super Formula-塚越)

SUPER formula

ROUND6 スポーツランドSUGO   Result : DNF

2013年9月29日(日)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 6 スポーツランドSUGO決勝結果

2013年9月29日(日)

会場:スポーツランドSUGO (3.704km)

天候:晴れときどき曇り

気温:22℃(15:00時点)  路面温度:29℃(15:00時点)

コースコンディション:ドライ

決勝レース:68周

観客:1万200人(主催者発表)

 

8月に開催予定だった韓国戦が中止となった為、約2か月のインターバルをおいて第6戦 スポーツランドSUGO大会が開催された。

この2日間は天候にも恵まれ、爽やかな秋晴れの週末となった。

 

9月28日(土)に行われた公式予選は、今回もノックアウト方式が採用された。

Q1は20分間行われ、塚越は1’07.253でQ2進出を果たした。中山は1’08.233のタイムで惜しくもQ1敗退となった。

続いて行われたQ2でも塚越は果敢なアタックをするも1’07.166でQ3進出とはならなかった。この結果により、翌日の決勝は塚越13番グリッド、中山18番グリッドからのスタートとなった。

 

29日(日)に行われた決勝は68周で行われた。両ドライバーともスタートをきめ、オープニングラップで塚越11位、中山15位となる。

4周目に他車にアクシデントが起こりセーフティカーが導入される。7周を終えたところで再スタートがきられる。しかし再スタートがきられてすぐに再び他車がクラッシュし、再度セーフティカーが導入される。このタイミングで塚越、中山は共にピットインし給油を行いコースに戻る。レースは11周目に再スタートがきられ塚越11位、中山16位でレースを再開する。

しかし中山のマシンにトラブルが発生してしまい、16周目にピットインすることとなってしまった。

一方塚越は良いペースで周回を重ね、24周目に1’10.493でベストタイムを更新しながら、他車のアクシデントもあり37周目までに8位までポジションを上げる。53周目には他車のペナルティによって7位となり入賞圏内で走行を重ねていたが58周目に1コーナーで#1と接触してしまう。塚越はコースに復帰するも接触の影響でマシンにダメージを負ってしまい、SPコーナーでコースオフし、悔しいリタイヤとなってしまった。

中山もマシン修復後コースに復帰したが、修復に時間を要してしまい完走とはならなかった。

 

今シーズンも残すところ1大会となってしまいました。

最終戦ベストを尽くして参ります。引き続き応援宜しくお願い致します。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ