RACE INFO 2013(Super Formula-中山)

SUPER formula

ROUND3 富士スピードウェイ   Result : DNF

2013年7月14日(日)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 3 富士スピードウェイ決勝結果

2013年7月14日(日)
会場:富士スピードウェイ(4.563km)  
天候:曇り、ときどき晴れ
気温:31℃(14:00時点)  路面温度:40℃(14:00時点)  
決勝レース:55周(250.965km)
コースコンディション:ドライ  
観客:1万5700人(主催者発表)

 

決勝結果  リタイヤ

 

<ポイントランキング>

中山友貴   14位

 

 

<中山友貴>

前回のオートポリスから少し手応えがでてきていたのもありフリー走行から良い流れを感じていましたが、予選では0.2秒くらいタイムが及ばずQ1を突破できず、非常に悔しい予選となってしまいました。ただ、手応えはあったので次戦以降Q2、Q3と進み、予選を重ねることで走行できる周回も増え走行データも集められるので、なんとかQ1を突破したいと思います。また自分としてもなんとか予選上位にいき、レースを前方から進めたいので、その辺りは次に向けての課題だと思っています。

決勝レースではスタートで半クラッチを多めに使いすぎた事によりクラッチが滑り気味になり、出だしが遅れてしまい順位を落としてしまいました。その後もガソリンを積んだ状態での車の状況が思ったより良くなく、バランスに苦しみペースが上げられず苦労してしまいました。ガソリンが軽くなるにつれペースは上がりましたがリアタイヤのグリップが落ちてきてしまい、またアンダーステアが強かった部分を克服できず、かなり走り辛い状況が続きました。ピットインした際も、スタートでクラッチを痛めた事が影響してエンジンが止まってしまい、ピットストップに時間がかかってしまいました。気持ち的には集中力を切らさずに、タイヤが良い状況のマシンの状態も確認したかったのでプッシュして走りました。最終的にギヤが飛んでしまいリタイヤということになってしまいました。

今回は良いところが出せず、チームの皆さんに申し訳ないと思っています。

少しずつドライビングの部分では修正ができてきてペース的にも上がってきているのですがもう数ステップ高いレベルで走れるようにしたいと思っています。

次戦はもてぎで昨年も一度走ったコースなので、今回のような走りはじめの良い流れを保って上位でレースできるようにしたいと思います。

 

<大駅エンジニア>

今回変えてきた持ち込みのセットが良い方向にいっており、今までよりはトップとの差も詰まってきたので、あと少しでQ1を通過できるんじゃないかなというところまでは行けたかなと思います。やはり富士は1秒の中でもかなり台数が入るので、そこでの細かい部分を拾いきれなかった部分でQ1が通過できませんでしたが、中山選手もかなりスピードが上がってきているので、もうちょっとかなと思っています。

決勝に関しては今一つで、ストレートが遅かったりいろいろな問題があり、最終的にギヤトラブルでリタイヤとなってしまいました。ただ、悪い部分も分かってきているので、もてぎではなんとか速いところで走れるように頑張ります。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ