RACE INFO 2014(SF-塚越)

SUPER formula 2014

ROUND1 鈴鹿サーキット   Result : 14位

2014年4月13日(日)    天候 : 曇り    コースコンディション : ドライ

Round 1 鈴鹿サーキット決勝結果

2014年4月13日(日)

会場:鈴鹿サーキット(5.807km)

天候:曇り

気温:17℃(15:00時点)  路面温度:21℃(15:00時点)

決勝レース:43周

コースコンディション:ドライ

観客:2万8000人(主催者発表)

 

いよいよSUPER FORMULAの2014年シーズンが開幕した。

今年から全車がダラーラ社製のシャシーとなり、新型車輌での戦いとなる。

 

HP REAL RACINGは昨年に引き続き10号車には塚越広大がステアリングを握り、11号車には6年間F1参戦の経験をもつヴィタントニオ・リウッツィをドライバーに迎え入れた。

新たな2台体制で、まずは表彰台獲得を目指す。

 

12日(土)に行われた公式予選はノックアウト方式で行われた。Q1のタイムで上位14台のマシンがQ2に進出し、更に上位8台のマシンがQ3に進み、決勝のスターティンググリッドが決定する。

午後13時50分から始まった20分間のQ1では塚越、リウッツィ共にスタートと同時にコースインし、10分を過ぎたあたりで一度ピットイン。タイヤを履き替え残り7分をきったところで再びコースインしアタックに入った。リウッツィにとってはこれが初めてのSFでの公式予選となったが、1’38.908で惜しくも15番手タイムとなりQ1敗退となった。塚越は落ち着いてアタックし、1’38.729で見事Q2進出を果たした。

10分のインターバル後に行われたQ2で塚越は1’38.509を出すも、惜しくもQ3進出とはならず、決勝は14番手からのスタートとなった。

 

13日(日)は朝から多くのファンの方々がサーキットに来場され、SFのレーススタートを今か、今かと待ちわびていた。

15時にスタートした1周のフォーメーションラップの後、いよいよスタートが切られた。

オープニングラップの2コーナーでリウッツィは他車のマシンを避ける為オーバーランを喫してしまい、最後尾までポジションを落としてしまう。一方、塚越はポジションを1つあげ13位でオープニングラップを終える。

リウッツィは2周目にはポジションを14位までポジションを戻す。さらに8周目にリウッツィは塚越をパスし、リウッツィ13番手、塚越14番手となる。

14周目にリウッツィがピットインし給油、タイヤ交換を済ませコースに戻る。そのタイミングでコース上では#20が逆バンクでスピンし、SCが導入される。

ここで一斉に多くのマシンがピットインする中、塚越もピットインしタイヤ交換、給油を行う。塚越は11番手でコースに戻り、17周目にリスタートがきられた。しかし、スタートの際に他車と接触があった塚越はマシントラブルが発生し、22周目に再びピットインを余儀なくされる。

全車ピットインが終了した31周目にはリウッツィは7番手を走行し、前を走る#1、#7をロックオンする。そこから数周に渡り#1とリウッツィのテールトゥノーズのバトルは続く。38周目スプーンで#1がオーバーランしたところをすかさずパスし、8位にポジションを上げる。その後#19にパスされ9位となるも、41周目に前を走る#39がバリアに突っ込み、リウッツィは入賞となる8位でチェッカーフラッグを受けた。

塚越はマシンを修復しコースに戻り、修復後のペースは上位陣に負けないペースで走りきり14位で完走となった。

 

決勝結果 14位

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ