RACE INFO 2016(SF-塚越)

SUPER formula 2016

ROUND4 ツインリンクもてぎ   Result : 12位

2016年8月21日(日)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 4 ツインリンクもてぎ決勝結果

日程:2016年8月20日(土)~8月21日(日)

会場:ツインリンクもてぎ

天候:晴れ     

コースコンディション:ドライ

気温:33℃(15時00分時点)    

路面温度:40℃(15時00分時点)

来場人数:20 日(土)12,000 人 21 日(日)16,500 人

 

決勝結果  12位

ポイントスタンディング 10位

 

21日(日)決勝日。前日と同様の不安定な天候が予想されたが、予想に反し、朝から好天に恵まれ、夏日となったツインリンクもてぎのコース。

15時にフォーメーションラップがスタート。今回はミディアムとソフト、両スペックのタイヤを使用しなければならないルールとなり、タイヤ戦略が重要視されるレースとなる。コースコンディションは気温33℃、路面温度40℃。シグナルがブラックアウトすると、52周250キロのレースがスタートした。リアルレーシングの2台は、#10塚越がミディアムタイヤ、#11伊沢がソフトタイヤを装着しスタート。スタートから素晴らしいドライビングを魅せる2台は、5周目には塚越が9番手を走行、伊沢は8周目に16番手を走行し、着実にポジションアップ。レースが12周を終える頃、リアルレーシングはピット作業の準備に入る。13周目の終わり、#10塚越がピットイン。タイヤをミディアムタイヤからソフトタイヤに交換する。そして後半の追い上げを図るべく、塚越は再度マシンをコースに戻した。一方ソフトタイヤでスタートした伊沢は、ペースもよく、ミディアムタイヤで走行する前車を追い上げ、抜き去るべく、果敢な走行を続けていた。前車よりペースは良いものの、オーバーテイクが難しいこのツインリンクもてぎ。なかなかオーバーテイクすることができず、32周を終えたところで規定のピット作業に入る。塚越とは逆となるソフトからミディアムタイヤへの交換を行い、伊沢は15番手でマシンをコースに戻した。

全マシンがピット作業を終えた39周目、#10塚越は12番手、マシントラブルにより1台のマシンがリタイヤし、#11伊沢は14番手を走行する。

その後も一つでも上のポジションを目指しひたすらに果敢な走行を続けた塚越と伊沢だったが、そのまま52周を走り切り、チェッカーを受けた。

 

9月10日(土)~11日(日)に開催される第5戦は、4月に発生した平成28年熊本地震の影響で中止となったオートポリスサーキットの代わりに岡山国際サーキットで開催されます。岡山国際サーキットは、今シーズン第2戦で予選上位、塚越、伊沢2台そろって表彰台を獲得したサーキットとなります。

再度、皆さまに予選、決勝共に魅せる走りをご覧になっていただくべく、チーム一丸となって戦って参りますので、ご声援をよろしくお願いいたします。

 

Copyright(C) 2017 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ