RACE INFO 2016(SF-塚越)

SUPER formula 2016

ROUND6 スポーツランドSUGO   Result : 11位

2016年9月25日(日)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 6 スポーツランドSUGO決勝結果

日程:公式予選9月24日(土) / 決勝レース9月25日(日)

会場:スポーツランドSUGO(宮城県)

天候:晴れ  

気温:27℃/路面温度:34℃  

コースコンディション:ドライ 

観客: 25 日(日)14,000 人

 

決勝結果       11位

ポイントスタンディング  11位

 

25日(日)前日の曇り空から一転、汗ばむような暑さとなったスポーツランドSUGOで第6戦の決勝レースが行われた。68周250キロのレースは気温27℃、路面温度34℃というコンディションで15時15分にスタート。オープニングラップで3台のマシンを抜き去った#11伊沢は、15番手まで浮上。5周目にはマシントラブルでコースアウトした他チームのマシンがリタイヤとなったため、14番手まで順位を上げた。一方塚越は、オープニングラップで1台のマシンに先行を許すが、5周目に順位を12番手に戻し、虎視眈々と後半の追い上げに向けた走行を続ける。10周目の終わりにピット作業に入ったのは、#10塚越。給油を行い再度コースイン。その翌周には#11伊沢もピットインし、給油と一部タイヤ交換のみを行い、2台共に早めのピット作業で後半でのタイムアップを図り、追い上げる作戦をとった。18周目、他チームの1台がコースアウトし、セーフティカーが導入されることとなる。セーフティカーがコースに進入する前に、ピット作業をおえていなかった他チームが続々とピットイン。大半のマシンがこのセーフティカー導入と共にピット作業を終えることとなる。セーフティカーが22周目の終わりに退出すると、#10塚越は12番手、#11伊沢は15番手でレースの再スタートが切られた。前車を追い上げるべく、寸分の隙も逃さず果敢な走行を続ける塚越と伊沢。31周目には、#11伊沢が1台のマシンをパスし、14番手に順位を戻す。一方塚越も、35周目に1台の先行マシンをパスし、11番手に順位を上げた。その後も尽きない闘志を燃やし、前車をプッシュし続ける塚越と伊沢はレースが終盤に差し掛かったところで、ベストタイムの更新を続けるが、結果としては、#10塚越は11位でチェッカー、#11伊沢は44周目に、マシントラブルで他チームの1台がマシンをピットに戻したため、順位を一つ上げ、13位でチェッカーを受けることとなった。

 

次戦は1か月程の間を開けて開催されます、最終戦の鈴鹿サーキットです。REAL RACINGにとってホームコースとなる鈴鹿サーキットで、平素多大なるご声援をいただいております皆さまのためにも、他チームに一矢報いるレースをお見せしたいと思います。

皆様の応援をよろしくお願いいたします。

 

 

Copyright(C) 2017 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ