RACE INFO 2016(SF-塚越)

SUPER formula 2016

ROUND7 鈴鹿サーキット   Result : 14位/9位

2016年10月29日(土)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 7 鈴鹿サーキット予選結果

日程:公式予選 10月29日(土) / 決勝レース10月30日(日)

会場:鈴鹿サーキット(三重県)

天候:晴れ

気温:22℃/路面温度:27℃  

コースコンディション:ドライ 

観客: 29日(土) 13,000人

 

Q1: 1’38.761  14位 (Diff 1.308)

Q2: 1’38.175   9位 (Diff 0.811)

Q3: –

 

公式予選結果  Race1/14位  Race2/9位

 

10月29日(土)、30日(日)三重県鈴鹿市稲生町にある鈴鹿サーキットにおいて、「2016 全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦 第15回JAF鈴鹿グランプリ」が開催された。

シリーズ最終戦となる本大会は、昨年同様2レース制での開催となった。Race1は周回数が19周でピットストップ義務はなく、また、Race2は35周でピットストップ1回・タイヤ交換義務付けられる。そして、ポイントもレース毎にハーフポイントを付与した上で、勝者には3ポイント加算、ポールポジションには通常通りの1ポイントという、レギュレーションそして、ポイント計算に関しても変則的で最終戦らしい、チーム、そしてファンにとっても沢山の可能性を残す、盛り上がり必須のレースとなった。

 

そして、REAL RACINGはこれまでの悔しさをバネに、ホームコースとなるこの鈴鹿サーキットで他チームへ一矢報いるため、帯を締めなおしサーキット入りした。

 

29日(土)公式予選日、前日の雨から一転、秋らしい風を感じる晴天となった鈴鹿サーキット。本大会の公式予選は通常の大会と同様に、19台のうち14台がQ2へと進出するが、翌日に決勝が2レース行われるため、Q1の結果がそのままRace1のグリッドとなり、Q2及びQ3でRace2のグリッドが決定される。

14時20分から20分間のQ1セッションが開始され、REAL RACINGの#10塚越広大と♯11伊沢拓也もNEWタイヤでコースイン。コースとタイヤの状況を見極めつつ、アタックを開始。そして、マシンを一度ピットに戻した2台は、セットアップの微調整を行って残り時間が7分というところで、再度コースインし、タイヤが温まり始めた残り3分というところでフルアタックに入った。その結果、♯10塚越は1’38.761という14番手タイムでRace1のグリッドを決めつつ、Q2に進出。一方♯11伊沢は1’39.469で19番手となり、残念ながら翌日のRace1,2のスターティンググリッドをQ1で決めることとなった。

Q2セッションが開始されたのはQ1から10分後の14時50分。7分間という短いセッションを最大限に使うため、セッション開始早々コースインした塚越は、猛烈なアタックを魅せるも、1’38.175というタイムでQ3進出の8番手タイムからコンマ1秒強のタイム差となり、9番手。悔しくもQ3進出は叶わず、翌日のRace2を9番手からスタートすることとなった。

Copyright(C) 2017 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ