RACE INFO 2016(SF-塚越)

SUPER formula 2017

ROUND2 岡山国際サーキット   Result : 11位

2017年5月27日(土)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 2 岡山国際サーキット RACE1

日程:2017年5月27日(土)

会場:岡山国際サーキット

(Race1)

天候:曇り コースコンディション:ドライ

気温:23℃ 路面温度:31℃ (15時30分時点)

 

5月27日(土)~28日(日)岡山県美作市にある岡山国際サーキットで2017 全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第2戦が開催された。今大会は2レース制となり、土曜日にRace1の予選・決勝、日曜日にRace2の予選・決勝が行われ、ポイントはRace1、Race2共に通常のレースの1/2ポイントずつ付与されることとなる。

昨シーズンの岡山大会で、予選、決勝と安定した走りを見せたリアルレーシングは予選3番手、決勝では2位表彰台を獲得しており、また今シーズンの開幕戦の鈴鹿で6位入賞、カテゴリーは違うが先日行われたSUPER GTで2位表彰台を獲得していることから、チームとしては、この全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第2戦においても、士気高く、良い流れをもって望んだ。

27日(土)、爽やかで過ごしやすい気候となったこの日、Race1の予選及び決勝が行われた。

8:40から45分間のフリー走行後、約1時間の間を空けて、10:30から20分間の計時予選が始まった。この計時予選のタイムにより、午後に行われるRace1のスターティンググリッドが決定される。

予選開始直後の混雑を避け、数分後にコースインした#10塚越広大は、タイヤとコースの状況をみながら、ウォームアップ数周を重ねアタックに入る。計測時間が7分を経過した4周目に1’14.387というベストタイムを出した塚越は、マシンを一度ピットに戻す。マシンの微調整を行い、残り時間が5分程度となったところで、再度コースインした塚越。だがコース上は再度コースインした多数のマシンによるトラフィックが各所で起こり、なかなかアタックができない状況となる。計測時間が残り1分というところで、やっとアタックに入った塚越だったが、予選前半のタイムを更新することは叶わず、Race1のスターティンググリッドを12番手とした。

予選直後から曇り空となり始めた岡山国際サーキット。Race1決勝スタート時には、気温は23℃、路面温度は予選時よりも低い31℃ととなった。15:30にフォーメーションラップが開始され、30周のRace1がスタートした。素晴らしいスタートを切った塚越は、オープニングラップで1台をパスし、11番手にポジションを上げる。その後も決死の追い上げを試みるも、悔しくも30周をそのまま走り切り、11位にてRace1を終了した。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ