RACE INFO 2015(GT500)

2017 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND7 ブリラム・ユナイテッド・インターナショナルサーキット   Result : 3位

2017年10月7日(土)    天候 : 曇り    コースコンディション : ウェット/セミウェット

Round7 タイ予選

2017年10月7日(土)

会場:チャーン・インターナショナル・サーキット(4.554km)
天候:雨のち晴れ
気温:30℃(15:00時点)  路面温度:36℃(15:00時点)
コースコンディション:ウェットのちドライ

 

シリーズ唯一の海外大会となる2017 AUTOBACS SUPER GT第7戦「Chang SUPER GT RACE」がタイのチャン・インターナショナル・サーキットで行なわれた。
KEIHIN REAL RACINGのドライバー、監督は月曜日からタイに入り、ケーヒンのタイ拠点各地を表敬訪問し、素晴らしい熱烈な応援を頂きサーキットに入った。

 

公式予選日の7日(土)朝は猛烈な雨に見舞われフリー走行も危ぶまれたが、徐々に雨は止み、10分ディレイで予定通りフリー走行が行われた。雨は止み、最終的にドライコンディションでフリー走行は終了したが、走行時間が終了した途端、再びサーキットは大雨となり予選に向けて天候への不安が残った。

不安は的中し、GT300の公式予選が始まる15時に雨は止んでいるものの、コースはフルウェットな状態となっていた。Q1担当は小暮。予選開始と同時にウェットタイヤでコースインする。周回を重ねる毎にタイヤに熱が入っていき、タイムを更新していく。5周走ったところで再度NEWウェットタイヤに交換し、タイムアップを狙う。8周目に1’29.887を出し、5番手タイムでQ1を突破した。

続くQ2は塚越が担当し、このセッションも非常に微妙なコースコンディションだったがスリックタイヤを選択し、予選開始と同時にコースインした。塚越も落ち着いたアタックを重ねていき、1’25.124をたたき出し3番グリッドを獲得した。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ