RACE INFO 2015(GT500)

2018 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND2 富士スピードウェイ   Result : 14位

2019年5月3日(木)    天候 : 曇り    コースコンディション : ドライ

Round2 富士スピードウェイ予選

2018年5月3日(木・祝)
会場:富士スピードウェイ(4.563km)
天候:曇り
気温:22℃(14:00時点) 路面温度:35℃(14:00時点)
コースコンディション:ドライ

 

開幕戦で見事ポールトゥウィンを果たし、ポイントリーダーとして迎えた
2018 AUTOBACS SUPER GT第2戦「FUJI GT 500km RACE」。

 

予選日となる5月3日(木・祝)は未明からの暴風雨により、朝になっても雨風は止まず、サーキットも一面霧で包まれた。フリー走行が始まる8時40分になるとますます霧は濃くなり、結果的にフリー走行は全ての時間が中止となった。
スケジュールが変更となり、午後に30分間のフリー走行を行ったのち、20分間1本勝負の予選方式となった。フリー走行ではタイヤとマシンのフィーリングを確認し、15時15分にGT500クラスの予選がスタートした。KEIHIN NSX-GTは塚越が20分間を担当することになった。コースオープンと同時にコースインし、最初のアタックをする。1’29.401のタイムをだし一度ピットに戻る。2セット目のタイヤに履き替え、残り時間7分30秒のタイミングで再びコースインする。全車の中で一番重い42Kgのハンディウェイトを積んだ状況で1’28.907のタイムを出すも、悔しい14番手タイムとなった。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ