RACE INFO 2015(GT500)

2019 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND1 岡山国際サーキット   Result : 4位

2019年4月13日(土)    天候 : 曇り    コースコンディション : ドライ

Round1 岡山国際サーキット予選

2018年4月13日(土)
会場:岡山国際サーキット(3.703km)
天候:曇り
コースコンディション:ドライ

 

ついにSUPER GT 2019年シーズンが開幕した。
KEIHIN REAL RACINGは今シーズンよりベルトラン・バゲットを迎え入れ、塚越広大との新体制で、昨年の取り逃した成績を奪還するべくオフシーズンのテストに取り組んできた。

公式予選が行われた4月13日(土)は朝から快晴に恵まれ、まさにレース日和という気候となった。少し気温が下がり始めた定刻の15時18分よりGT500クラスの公式予選Q1がスタートした。
Q1担当はバゲット。残り時間7分のタイミングでピットアウトし、ブリヂストンタイヤでの初めての予選に挑む。落ち着いたウォームアップの後アタックラップに入り見事4番手となる1’17.579のタイムを出しQ1を突破した。
続くQ2 は塚越が担当。少し硬めのタイヤを選択したKEIHIN NSX-GTは8分20秒でピットアウトし、塚越はコースとタイヤの感触を入念に確かめながらアタックに入る。1’17.088のタイムを出すも、柔らかめのタイヤを選んでいたライバルに僅差でタイムが届かず翌日の決勝にむけ4番グリッドを獲得した。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ