RACE INFO 2018(SF)

SUPER formula 2019

ROUND2 オートポリス   Result : 9位

2019年5月19日(日)    天候 : 雨    コースコンディション : ウェット

Round 2 オートポリス 予選結果

2019年5月19日(日)大分県・オートポリスで2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦が開催された。

リアルレーシングは今大会直前にドライバー変更を発表し、昨年までスーパーフォーミュラ17号車を駆っていた塚越広大を起用。残り全戦を戦っていくこととなった。復活レースとなる塚越の走りに注目が集まる中、今大会を迎えた。

5月18日(土)当初予定されていた予選日。朝から強い風を伴った雨に見舞われ、コース状況が整わず、午前中に予定されていたフリー走行は定刻から30分遅れて開始され、各チームはコースインしたものの、雨の影響でコースオフするマシンが多数発生する。塚越も雨の中での予選に備え、危険なコンディションの中ウェットコンディションでのマシンセットアップを進めていく。その後も天候の復活が見込めず、2度目の赤旗が掲出されたままフリー走行は終了することとなった。この後15時から公式予選を予定していたが、午後に行われたピットウォーク終了後も強風に伴う横殴りの雨が降るという荒れた天候に急遽エントラントミーティングが行われた結果、この日の予選開催はキャンセルとなり、翌朝に順延されることとなった。

 

5月19日(予選/8時45時点)

天候:雨

コースコンディション:ウェット

気温:17℃ 路面温度:17℃

 

5月19日(日)当初フリー走行を予定していた時間を拡大し、8時45分から開始された予選はノックアウト方式から計時予選に変更され行われた。前日の天気予報では、朝からドライコンディションになることが想定されていたが、残念ながら予選が開始される頃には前日と大きく変わらない強風と雨になってしまう。#17塚越広大は2018年最終戦ぶりの予選をシビアなウェットコンディションで迎えることとなった。コースオープンするとウェットタイヤを装着した塚越はコースイン。オートポリスを得意とする塚越は視界が悪くタイヤもグリップしづらい厳しいコース状況と今シーズンのマシンを改めて体感しながら予選のアタックラップに入っていく。セッション開始から6分が経過し、塚越が最初のアタックに入ろうとした矢先に他マシンがコースサイドにマシンをとめた為、赤旗が掲出された。赤旗が解除され、残り時間が18分というところでセッションは再開されるも、この後2度の赤旗が掲出され計3回目となる赤旗により、予選はこのまま終了となった。塚越は予選開始早々の計測タイムにて午後の決勝グリッドが決定され9番手からのスタートとなった。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ