RACE INFO 2012(GT500)

2012 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND8 ツインリンクもてぎ   Result : リタイヤ

2012年10月28日(日)    天候 : 雨    コースコンディション : ウェット

Round 8 ツインリンクもてぎ決勝結果

2012年10月28日(日)

会場:ツインリンクもてぎ(4.801km)

天候:雨

気温:14℃(14:00時点)   路面温度:18℃(14:00時点)

コースコンディション:ウエット

観客:2万7000人

 

いよいよ最終戦となった第8戦がツインリンクもてぎで開催された。 今戦は全車ハンディウェイトを積まず、ガチンコでのレースとなる。

 

爽やかな秋晴れのもと土曜日に行われた公式予選は、今回もノックアウト方式が採用された。Q1は塚越が担当し、1’41.986で4番手タイムとなりQ2 進出を果たす。Q2は金石がアタックするも1’42.813で惜しくもQ2突破とはならず、翌日の決勝は10番グリッドからのスタートとなった。

 

決勝日は午後から雨の予報にも関わらず、たくさんのケーヒン応援団の皆様が駆けつけてくださり、朝から大きな激励を頂いた。

 

午前中に行われたフリー走行はドライコンディションの中行われ、KEIHIN HSV-010は  1分43秒798をマークして3番手タイムをだし、走行を終了した。

 

決勝レース開始時には完全なウェットコンディションとなり、セーフティカー先導によるスタートとなった。2周を走り終えたところで本格的なスタートがきられた。

 

スタートドライバーは金石。雨の中コントロールを失うマシンがある中、金石の快走によって5周目までに4つポジションを上げ6位となる。 視界が悪く難しいコンディションの中、金石はいいペースで走っていたが20周目に6号車に追突されてしまいコントロールを失い、マシンにダメージを受けてしまう。 緊急ピットインするも予想以上にダメージが大きく、チームスタッフが懸命な修復をするも、かなりの時間を要してしまった。修復後に塚越がコースに復帰するが、クラッシュの影響で別のトラブルが発生してしまい、悔しいリタイヤという結果で最終戦を終えた。

 

今大会をもって2012年シリーズ全戦が終了いたしました。 ケーヒン様をはじめ、スポンサー各位、ファンの皆様から暖かいご声援を頂き、本当に感謝しております。誠にありがとうございました。

今シーズンは悔しさの残るレースが多く、もどかしい気持ちでいっぱいですが、この悔しさを糧に来シーズンに向け大きく成長できるよう、チーム一丸となって 精進して参ります。 今後とも応援宜しくお願い致します。

 

金石勝智監督 コメント

予選はQ1で4番手タイムとなり、Q3まで進めるかと思っていましたが、Q2でマシンバランスが大きく変わってしまったようで、Q2突破とはならず予選結 果は10位となりました。 10番手から巻き返しをはかった決勝ですが、ペースは良かったのですが20周目あたりで他車に追突され結果リタイヤとなってしまいました。

今シーズンは開幕戦で表彰台に乗ったものの、その後なかなか勝ち負けを争えるところにいけずすごくフラストレーションの溜まるシーズンでした。今戦でシーズン全戦が終了しましたが、新たなシーズンにむけ気持ちを切り替え邁進していきます。

一年間ご声援頂きありがとうございました。これからも応援宜しくお願い致します。

 

金石年弘 コメント

今回のレースでは思うような結果が残せず、予選ではマシンの仕上がりがうまくかみ合わず結果10位となりました。決勝はけっこう良いペースで走っていたのですが、他車に後ろから当てられてしまいリタイヤということになりました。

今シーズンを振り返り、開幕戦で3位になれたのは良かったのですが、それ以降で表彰台に乗れずポイントも思うように獲ることができず、なかなか結果を残せない悔しい一年でした。それを踏まえて、スプリントカップではこの一年とはまた違った良いレースをしたいと思いますので引き続き応援宜しくお願いします。

 

 

塚越広大 コメント

今回は予選もQ3までいけず10番手となりましたが、決勝は結構調子が良かったと思うのですが レースアクシデントでマシンにダメージを負ってしまい、チームスタッフが懸命にマシンを直してくれ一度はコースに復帰しましたが他のトラブルがでてしまい、そのままレースを続けることができずリタイヤとなってしまいました。自分としては、最後にちゃんとレースができずシーズンが終わってしまったので、本当に残念な気持ちでいっぱいです。

今シーズンは開幕戦こそ表彰台獲得からスタートできましたが、そのあと流れを掴むことができず なんでこんなにうまくいかないのかなぁと思うようなレースが続き、非常に苦しいシーズンでした。鈴鹿1000Kmのときもぶっちぎりでトップを走っていて、「今回こそは!」と思っていましたが アクシデントが続き、結果が残せずとても悔しい思いをしました。 この一年はちょっと流れが合わず、応援して下さったファンの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいですが来季もここで乗れることを僕は望んでいますし、乗れた際は今年の分までしっかり結果を出せるように頑張りますのでこれからも応援宜しくお願いします。 そして、1年間応援ありがとうございました。

 

 

大神エンジニア コメント

今回は最終戦で全車ノーウェイトということで、今シーズン結果が思わしくなかった分を取り返すべく車のセットアップを練って、このイベントに臨みました。

予選ではタイヤ選択に迷った部分があり、予選にむけて柔らか目のタイヤを選ぶのか、決勝まで踏まえて固めのタイヤを選ぶのかですごく悩みましたが、チームとしては他チームよりも固めのタイヤを選びました。結果的にタイヤチョイスの部分はそんなに間違いじゃなかったと思うのですが、選んだタイヤと車のバランスをうまく合わせることができずQ2敗退の10番手という結果になってしまいました。

決勝レースは予報通り完全なウェットコンディションでのレースになり、前戦の反省もありウェットタイヤもいろいろ考え、ベストと思われるタイヤを選択し挑みました。タイヤの選択自体は間違っていなかったと思うのですが、レース中に他車から追突され車のほうが大きく壊れてしまい残念ながらリタイヤという結果になってしまいました。

今シーズンを通してうまく結果に繋げることができず、ケーヒン様をはじめ、スポンサー様、ファンの皆様には申し訳ない思いでいっぱいですが、シーズンオフ にしっかりと努力して、また来シーズン上位争いできる車を用意していきたいと思っていますので、引き続き応援宜しくお願い致します。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ