ドライバー紹介

SUPER GT 500 CLASS

塚越 広大  Koudai Tsukakoshi

97年GKT長野シリーズSクラス、98年東日本ジュニア選手権カデットクラス、99年JAFジュニアカート選手権でチャンピオンを獲得し、2001年ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 04年に鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラを主席で卒業するとともに、F4西日本シリーズでチャンピオンを獲得する。 05年にはフォーミュラ・ドリームで全戦ポール・トゥ・ウィンの快挙を果たした
06年からスカラシップを得て全日本F3選手権にフル参戦し、07年ともにシリーズ5位となる
08年は渡欧しユーロF3に参戦。09年は戦いの場を移してSUPER GT、FNへ参戦する。新人ながらも堂々たる走りでSUPER GTではシリーズを5位で終えた。
2010年はSUPER GTで初優勝と3位表彰台を飾り、FNでも初の表彰台獲得と目覚ましい成長を見せる。2013年にはSUPER GTシリーズランキング自身最高位2位と好成績を収め、 JAF GPでは優勝も飾った。
昨年より相方がベルトラン・バゲットに変わり、序盤は不運に見舞われるレースが続くも、後半2戦連続でポールポジションを獲得し、確かな速さを見せた。バゲットとの2年目の今シーズン、更なる強さと速さが期待される。

MORE BLOG
driver_noimg

ベルトラン・バゲット  Bertrand Baguette

2009年にFormula Renault 3.5 championshipで勝利を獲得し、その年のシーズンオフに、Renault、Sauber、Force IndiaなどでF1のテスト走行を行う。
また、2010年にはインディカーシリーズに参戦するためにアメリカに渡る。
翌年にはインディ500で7位に入賞したほか、GT1世界選手権に2戦4レースに出場して3位1度、4位2度と活躍する。
その後の2年間は世界耐久選手権で活動する。2012年にLMP1クラスで、2013年はチームの意向によりLMP2クラスへクラスを落として参戦することになるが、同年に名門ルマン24時間耐久レースでの勝利と世界耐久選手権でのシリーズタイトルを獲得する。
2014年からSUPER GTで参戦し、6シーズン目となった2019年はSGTで初めてのブリヂストンタイヤながら圧巻する走りを見せた。
更に熟成された今シーズン、更に開花する「ベルトラン・バゲット」が誕生するかもしれない。

MORE BLOG
Copyright(C) 2020 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ