RACE INFO 2011(FN)

formula NIPPON

ROUND2 オートポリス   Result : 9位

2011年6月5日(日)    天候 : 雨のち曇り    コースコンディション : ウェットのちドライ

Round 2 オートポリス決勝結果

2011年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第2戦 オートポリス

サーキット:4.674km

公式予選:2011年6月4日(土)

決勝:6月5日(日)

決勝レース:54Laps(252.396km)

 

九州の大分県にあるオートポリスでフォーミュラ・ニッポン第2戦が行われた。

オートポリスは九州にある唯一の国際サーキットであり、この週末は多くのフォーミュラ・ニッポンファンの方々、

HP REAL RACINGを応援して下さる皆様、子供達がレース観戦に訪れてくれ、大変な賑わいを見せた。

 

予選

時間13:50

天気:晴れ

気温:24度 路面温度33度

 

ノックアウト方式で予選が行われ、13時50分よりQ1がスタートした。まず小林は中古タイヤを履いたマシンでセッティングを確認する為走行を開始するが、途中でコースオフしてしまい、マシンチェックの為ピットイン。メカニック達が迅速にマシンチェックを行い、問題が無かったので再度セッティングの確認をするためコースインする。

 

その後ピットに戻りニュータイヤに履き換え、小林はさらに集中し、残り5分を切ったところでタイムアタックの為コースへ向かう。ここで小林が出したベストタイムは1:33:401。

結果は15番手となり、残念ながらQ2進出とはならなかった。決勝は後方からのスタートとなるが、巻き返しを狙う。

決勝

時間:14:30スタート

天気:曇りのち晴れ

気温:17度  路面温度:20度

朝からオートポリスは雨模様で、午前中のフリー走行時はコースオフしてしまう車も数台発生していた。午前中からウェット宣言が出されていたが、決勝スタート前には雨はほとんど止んだ状態となる。しかし路面はまだ濡れた状態であり、グリッドに着いた各車はウェットタイヤでのスタート準備をしていた。

その中、小林は駆動系のトラブルでグリッドに着く事が出来ず、ピットスタートとなった。

 

フォーメーションラップが開始された後で、マシンチェックを終えた小林もピット出口へ向かっていく。そしてレースはスタート。

開始早々、多くの車両がピットインし、ウェットタイヤからドライタイヤに交換を行うなか、小林も3周目にピットイン。スリックタイヤに履き換えてコースへ戻った。全車がコースに戻った段階で小林の順位は13位。次の周回で他車のリタイアがあり12位となる。小林は虎視眈眈と上位を目指し周回を重ね、8周目には自己ベストタイムを記録した。

その後、#18 インペラトーリ選手を追いかける展開が続いた。

 

 

今回のレースでは、各チームの給油作戦の違いもレース展開のカギとなった。チームの作戦で無給油を選んだ小林は、落ち着き、安定したペースで走り続けていく。その作戦が功を奏し、給油が必要となりピットインしていく他のマシンをパスしていき、21周目に11位、25周目には10位と順位を上げていく。44周目にはポイント獲得まであと一つの9位までポジションを上げ、前を走る車を追い続ける。走行ペースも上がっていたが、残りの周回数で追い抜く事は出来ず、9位で完走。

予選15位、ピットからスタートという状況であったが9位でチェッカーを受け、レースを完走した。

 

決勝結果 9位

Time:1:28’52.585  Best Time:1’37.234

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――

第1戦の鈴鹿ではリタイアでしたが、今回の第2戦オートポリスは安定した走りを見せて、入賞目前の9位という結果で終わりました。次戦 富士ではさらに上の結果を目指して小林もチームスタッフも頑張りますので、今後もHP REAL RACINGにご声援を頂けますよう、よろしくお願いします!

 

■決勝終了後の金石監督の音声コメントはこちら

金石監督 音声コメント

 

■決勝終了後の大神エンジニアの音声コメントはこちら

大神エンジニア 音声コメント

 

■決勝終了後の小林崇志の音声コメントはこちら

小林崇志 音声コメント

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ