RACE INFO 2012(GT500)

2013 SUPER GT GT500 CLASS

ROUND2 富士スピードウェイ   Result : リタイヤ

2013年4月29日(月)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 2 富士スピードウェイ決勝結果

2013年4月29日(月)

会場:富士スピードウェイ(4.563km)

天候:晴れ

気温:18℃(14:00時点)   路面温度:29℃(14:00時点)

コースコンディション:ドライ

観客:4万8500人(主催者発表)

周回数:110周

 

 

ゴールデンウィークの前半に開催となったSUPER GT 第2戦「FUJI GT 500km RACE」。

連休ということもあり、富士スピードウェイには多くのファンの方々が詰めかけた。

KEIHIN HSV-010は開幕戦で2位表彰台を獲得し、良い流れで今大会に臨んだ。

 

28日(日)に行われた公式予選は前戦同様ノックアウト予選となり、Q1の上位8台がQ2に進出する事ができる。Q1は今回も金石が担当した。コースインし、いよいよアタックに挑もうとしたタイミングで赤旗が出てしまい、予選は一時中断となる。残り5分でQ1が再開され、金石が果敢なアタックをするも僅差で及ばず10番手タイムとなりQ1敗退となった。

 

今大会の決勝レースは500Km 110周の長丁場のレースという事もあり、10番グリッドからのスタートだが十分表彰台が狙える状況だ。チームは決勝日の朝から入念なミーティングを重ね、決勝レースを迎えた。

スタートドライバーは塚越。1周のフォーメーションラップを終え、スタートが切られた。

塚越は落ち着いてスタートを決めたが、オープニングラップ最終コーナーで混乱に巻き込まれ接触があり、コントロールを失い18号車と接触してしまった。その影響でマシンのフロント部分が大破し、3周目に緊急ピットイン。修復を試みたが、破損状況が酷く無念のリタイヤとなった。

 

着実にポイントを獲得し、ランキング上位をキープしていたかっただけに今大会の結果は悔やまれるが、次戦はKEIHIN HSV-010が得意とするセパンサーキットだ。気持ちを入れ替え、次戦を迎えたい。応援宜しくお願い致します。

 

ドライバーランキング4位    チームランキング 5位

 

金石監督

予選は赤旗が出てタイミングがずれてしまい、車の調子は良かったようなのですがQ1敗退となってしまい、決勝は10番手からのスタートとなりました。決勝日も朝のフリー走行は車の調子も良く、良い感じで決勝を迎えられると思っていました。しかし決勝スタート直後、1周目で8号車に接触され、その反動で18号車に当たってしまいフロント周りが大破してしまいました。その結果走行不可能となりリタイヤとなりました。

悔しい結果となりましたが、気分を入れ替え次のセパン戦はKEIHIN REAL RACINGが得意としているサーキットなので、そこで優勝し巻き返したいと思います。応援宜しくお願い致します。

 

 

塚越広大

今回車の調子は悪くなく、予選は10番手でしたが僕らとしては決勝に向けて自信があったので、上位を目指して決勝に挑めると思っていました。

今回は僕がスタートを担当させてもらい、長いレースなのでしっかり作戦を考えていましたが、1周目の最終コーナーで8号車に接触されてしまいその反動で18号車にぶつかったのが原因で車が壊れてしまい、すぐにレースを終えてしまいました。本当に自信があったレースだけに悔しいレースとなってしまいました。次戦セパンは自分としても一番得意としているサーキットなので、次に挽回できるように頑張りたいと思います。

 

 

金石年弘

練習走行から予選にかけて車の調子は決して悪くなかったのですが、タイミングなどで うまくタイムを出す事ができず、予選結果は10位となりました。決勝は開始早々に他車に当てられ、その影響で18号車に追突してしまいリタイヤとなり、すごく残念に思います。

セパンは例年調子が良いので、必ず表彰台に登れるよう頑張りますので応援宜しくお願いします。

 

大神エンジニア

HSVが得意なコーナリングで勝負をしようとドライバーとも話しをし、予選にむけてコーナリング重視のセッティングでセットを煮詰めていきました。予定通りコーナリングは速く走れ、良いセットアップが見つかった状態で予選に臨みました。午前中の練習走行の時より路面温度が上昇した影響もあったのか、少し車と路面の状況が合わず10番手タイムでQ1落ちとなってしまいました。

決勝レース重視のタイヤを選んでいたので、決勝レースでは10番手から巻き返して表彰台を目指していたのですが、1周目の最終コーナーでアクシデントに巻き込まれて、車の破損状況が酷かった為リタイヤする事となりました。

ファンの皆様には良いレースをお見せしたかったのですが、残念ながらレース序盤でリタイヤとなってしまいました。幸い次戦のセパンはHSV-010 GTが得意としているサーキットですし、チームとしても良いイメージで臨めるサーキットです。セパンで優勝し、大量ポイントを獲り、シリーズを優位に運べるように頑張っていきたいと思います。応援宜しくお願いします。

Copyright(C) 2019 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ