RACE INFO 2016(SF-塚越)

SUPER formula 2016

ROUND5 岡山国際サーキット   Result : 5位

2016年9月10日(土)    天候 : 晴れ    コースコンディション : ドライ

Round 5 岡山国際サーキット Race1 結果

Race 1 

 

<公式予選> 5位

<決勝結果> 5位

 

2016年9月10日(土) Race1公式予選/Race1決勝レース [30Laps]

天候:晴れ  気温:32℃/路面温度:42℃(15:30時点)  

コースコンディション:ドライ  観客:4,000人(主催者発表)

 

開催サーキット    岡山国際サーキット(岡山県美作市)

レーシングコース(1周 3.703 km)

 

9月10日(土)、11日(日)岡山県の岡山国際サーキットにおいて、2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権 シリーズ第5戦が開催された。

今大会は、4月に発生した平成28年熊本地震の影響で、10月からの再開に向けて復旧工事を続けるオートポリスサーキットの代替戦となる。土日両日に予選と決勝レースが行われる2レース制で、Race1、Race2共に獲得できるポイントは通常の半分となる。

同サーキットで開催された第2戦で2台揃っての表彰台を獲得したリアルレーシングは、更に上のポジションを目指し、第5戦のレースウィークに臨んだ。

 

10日(土)朝から秋めいた空が広がる岡山国際サーキット。第5戦Race1の決勝に向けた計時予選が午前11時から20分間でスタート。開始早々、コースインし、タイヤの感触を確認しつつアタックに入る#10塚越広大と#11伊沢拓也。だが、開始5分を経過したところで、他チームマシンがスピンし、コース上にマシンをとめた為、赤旗中断となる。コースクリアになったのは11時15分。マシンの調整を行いつつ、予選残り時間が7分を切ったところで、#10塚越がコースイン。他車の先陣を切り、これまでのトップタイムを塗り替えた塚越は、1’14″349というベストタイムを叩き出す。ここからRace1予選の戦いが更に激化する。その結果、#10塚越がRace1の決勝を5番手から、#11伊沢が1’15″033のタイムで18番手からスタートすることとなった。

迎えた同日の決勝。タイヤ交換義務もなく、レース周回数が30周というスプリントレースとなるRace1の開始時刻は15時30分。だが、スタート直前にポールポジションのマシンがグリッド位置を誤り、後続車両も次々にスタート位置を誤るというトラブルが発生。15時54分に再度フォーメーションラップが行われ、計28周となったレースがスタートした。ポールポジションのマシンがスタート遅延の原因車両として最後尾スタートとなったため、#10塚越と#11伊沢は実質ポジションを一つ上げてスタートを切った。#10塚越はスタート直後、後続車両にオーバーテイクを喫し、7番手まで順位を落とすが、その直後のバックストレートで、再度1台のマシンをパスし、6番手でオープニングラップを終える。一方、#11伊沢はオープニングラップで2台をパスし、16番手に浮上。5周目に入り#10塚越は前車1台をパスし5番手に順位を戻す。この後、コース上は膠着状態となり、順位の変動が見られなくなる。SUPER FORMULAマシンにとって、オーバーテイクが容易ではないといわれる、この岡山国際サーキットは、渾身の走りを見せる塚越、伊沢にとってもチャンスを見つけることは大変困難であった。28周という短い周回数を終えた2台は、#10塚越が5位、#11伊沢が16位のままチェッカーを受け、Race1の決勝を終了した。この結果、塚越は5位にてポイントを獲得することとなった。

 

 

 

Copyright(C) 2017 REAL Co., Ltd. All Rights Reserved.
トップへ